珈琲が沸いたら。

気になったニュースや小ネタ、ゲーム等、日々ことをつらつらと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [編集]

9日間断食、断水、不眠、不臥の難行「堂入り」から帰還! 

スーパー住職!9日間連続…横にならない、飲まない、食べない、寝ない:社会:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071022-OHT1T00007.htm
 比叡山中の明王堂(大津市)で9日間にわたり断食、断水、不眠、不臥(ふが)で不動真言を唱え続ける難行「堂入り」に挑んでいた比叡山延暦寺大乗院住職の星野円道(えんどう)さん(32)が21日未明、無事に行を終えて堂を出た。「堂入り」は天台宗の荒行「千日回峰行」の最難関。達成した行者は6年ぶりで戦後12人目になる。心身ともに限界に挑んだ星野さんだが、入院はせず自分の寺へ帰り体力回復を待つという。

 荒行を完遂し明王堂から出てきた星野さんの顔は、ほおがこけ目もうつろ。13日に堂に入った時とは別人のようだった。

 午前1時すぎ、お供え用の最後の水くみへ行った後、堂内で僧侶約20人と読経。午前3時、正面の扉が開かれ、約600人の信者が不動真言を唱えながら見守る中、星野さんが両脇を僧侶に抱えられながら現れた。薬湯を口にすると、約200メートル離れた自身が住職を務める大乗院へ。しばらくはリンゴジュースやスポーツドリンクなどで胃腸の調子を整え“リハビリ”するという。
 すげーってレベルじゃねーぞ!しかし無事でよかった・・・でもってさらに凄まじいのがコレ↓
 介添え役や、一緒に線香をあげたり読経する僧侶など、常に少なくとも20人が一緒にいるため睡眠は不可能。うがいの際に水を飲んでしまう可能性もあるが「不正をする(ような人)なら最初からやらないでしょう」と関係者。星野さんは6年ぶりで戦後12人目の挑戦者だが「それは(あまりの壮絶ぶりに)自分から手を挙げる人がいなかったから」という。

 過去、回峰行を2度行った権大僧正の酒井雄哉さん(81)のホームページによると、行者には「もし行半ばで挫折すれば自ら生命を絶つ掟(おきて)」が存在。関係者も「脱落はあり得ない。体調を崩しても修行後に回復させる」と厳しい。
凄まじい掟が存在するんですね・・・
[ 2007/10/22 17:47 ] ニュース | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ねじまき。

Author:ねじまき。
慣れない子育て奮闘中。犬好き。メタル好き。ニュース好き。

おすすめ

FC2ブログランキング
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。