珈琲が沸いたら。

気になったニュースや小ネタ、ゲーム等、日々ことをつらつらと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | [編集]

相手が気持ちよく依頼を引き受けてくれる方法 

モチベーションは楽しさ創造から - 「何でも楽しいという友人」のようになる為の6つのツールズ
http://d.hatena.ne.jp/favre21/20070827#1188177887

読んでみて「あぁそういえばそうだよねぇ」って改めて思いました。楽しみを創造するってのは凄く重要ですよね。自分が何かする時の事が書かれているんだけども「何かを人にお願いする」って時にも凄く重要なんですよね。例えば、お母さんが子供にお使いをお願いするとか、妻に掃除をお願いするとか、夫に子供の面倒を見てもらうとか、ほんと色々あるんですけど、お願いする時に「頼む相手のモチベーションを下げずにお願いする」ってのはかなり難しい事。

ただ「あれやって」「これやって」だけでは、なかなか効率があがらなかったり、お願いする側が思う結果が出ていなかったり、なにより依頼した相手が凄く嫌々やっているのを目にした時は、依頼した側も結構嫌な気分に。最悪ケンカになったりするんですよね。「嫌々やるんならいいよ、もう」「別にそんなんじゃないし!」とかそんな感じで。

では、ケーススタディ(あっているかはどうかは別。私ならこうするかもってことで)

■カレーライスを作りたいが、じゃがいもがない。居間でゲームやってる奴にお使いをお願いしたい。

1.報酬で釣る。
 「カレー作るから、じゃがいもを買ってきて欲しい。買ってきたらDSのソフト1本買ってあげる」

 →じゃがいもは得られるだろうが、こっちの痛手もでかい。できれば奥の手として使いたい。
  但し、今日のゲームの時間を1時間延長して良いとか金銭的報酬以外の報酬もあり。ただやっぱり奥の手としたい。

2.重要性を説く。
 「カレー作るから、じゃがいも(ry じゃがいもが無ければ我が家のカレーはカレーと言えぬ。つまりこのミッションは我が家のカレーの生死を握る重要なミッション」

 →事の重大さが伝えられれば、あるいは動いてくれるかも。

3.タイムアタック。
 「カレー作るから(ry 寄り道せず20分以内に帰ってこれたら優勝」

 →お使いならば事故を起こしかねないので注意。ただタイムアタックは便利な方法なので、掃除など特に片付け系ミッションではかなり有効。

4.チーム意識をうえつける。
 「俺はカレーを作る。しかしじゃがいもが無いので君にはじゃがいも購入を頼みたい。二人はチームであり、どちらか一方が欠けてもカレーは出来ぬ。カレーを完成させるためにも二人で力を合わせる時。是非ミッションを完遂して欲しい」

 →「仕事の共有意識」ってのは大事な要素の一つ。

5.褒め上げる。
 「カレー(ry この前君が買ってきたにんじんは最高だった。そこでその能力を今度はじゃがいも購入に生かしてもらいたい。このミッションは君が一番うまくやれる」

 →相手の自尊心をくすぐるのは効果的。

----
うーん。難しいですね。私が思いついたのはこれぐらい。相手が気持ちよく依頼を引き受けてくれる方法って、他に何かありますかねぇ。
[ 2007/08/27 16:42 ] ネット | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ねじまき。

Author:ねじまき。
慣れない子育て奮闘中。犬好き。メタル好き。ニュース好き。

おすすめ

FC2ブログランキング
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。